披露宴のスタイルを決めよう!

オリジナル見出し01

披露宴とは、二人がお世話になっている人たちに結婚を報告して、これからの末永いお付き合いをお願いするための場です。



どうしたら招待客に気持よく出席してもらえるかを考えるようにします。



まずは、二人がどのような披露宴にしたいのかということが大事です。



フォーマルにするのか、アットホームにするのか、イメージを固めてから、招待客の顔ぶれや人数を考慮したうえで、具体的な披露宴スタイルを決めていきます。かけられる予算も含めて、よく話し合うようにしておきます。
披露宴には、大きく分けると着席スタイルと立食スタイルがあります。
ホテルや式場でスタンダードなのは着席スタイルで、格式が高く落ち着いた雰囲気でもてなすことができます。

一方、立食スタイルは会場を自由に動き回ることができますので、友人中心のカジュアルな披露宴におススメです。

立食ブッフェは自由に歩き回れるので、いろいろな人と会話が楽しめるというメリットがあり、着席スタイルは落ち着いて食事ができるため、年配の招待客に好評です。招待したい人が多いときには、2部制ウエディングという選択肢もあります。



1部は親族中心で、2部は友人中心というように、招待客の顔ぶれで分けられますので、希望するイメージを実現しやすくなります。



2部制ウエディングのメリットには、食事や演出を招待客の年齢層や好みに合わせて決められる、人数を絞ることができるので招待客一人一人と話せる時間が増える、約2倍の時間、演出や衣装などを楽しむことができる、などがあります。



関連リンク

  • タイトル21

    披露宴とは、二人がお世話になっている人たちに結婚を報告して、これからの末永いお付き合いをお願いするための場です。どうしたら招待客に気持よく出席してもらえるかを考えるようにします。...

  • タイトル22

    結婚式はするつもりだけれど披露宴はどうしようか迷っているというカップルは多いようです。披露宴の費用を浮かせてその分を新生活や新婚旅行にあてたりしようというのです。...