効果的なねずみ対策方法

ねずみはとても賢い動物なので、駆除作業を行っても一定数が残っているのが通常です。



そのため完全に退治するには長い時間が必要です。

一般的には侵入経路を封鎖して捕獲作業を行った後で毒エサを設置します。残った個体に対処する期間は数か月必要となるのが通常です。


効果的なねずみ対策を行うためには、駆除作業に入る前に超音波発生装置や煙などで一定数の個体を追い出す必要があります。
ある程度個体数を減らしてから他のねずみ対策を行うことで作業の効率を高めることができます。


ねずみ対策の中でも最も重要となるのが侵入経路の封鎖です。
古い住宅などでは複数の経路が存在する場合がありますが、確実に塞がないと再び侵入される可能性が残ります。


超音波発生装置を併用していればねずみを寄せ付けない効果を期待できます。

しかし長期間にわたって超音波発生装置を使用し続けるとねずみが慣れて効果が弱まる場合が存在します。

なるべく短期間で全ての侵入経路を塞ぐことが重要です。

捕獲作業は市販されている粘着シートや罠を使用します。

ビジネスジャーナル情報ならこちらのサイトです。

罠にはカゴ式のものとバネ式のものがあります。
粘着シートとカゴ式の罠を使用した場合にはねずみを生け捕りにできます。



外に逃がすこともできますが、再び侵入されないよう注意が求められます。

また粘着シートはねずみの通り道に正確に設置する必要があります。捕獲作業後は毒エサを設置して残存個体に対処します。
駆除作業には時間と体力が必要になります。


ねずみ対策を行うための時間と体力に余裕がない場合には専門の駆除業者に依頼するのが効率的です。