ねずみ対策はねずみが居心地悪い環境にすることが大事

ねずみが家に侵入してくるのは、入りやすく居心地が良いからです。

ねずみ対策のポイントは3つ、侵入口をふさぐこと、巣を作らせないこと、エサになる食品の管理です。
ねずみが居心地がよいのは、温かくエサが豊富な場所。

身体が小さいねずみは寒さに弱いため、寒い時期には住居に侵入し、巣を作ります。

そして1日に自分の体重の約3分の1のエサが必要なため、食べ続けていないと寒いときなら1日、通常でも2〜3日何も食べないと餓死してしまうのです。



ねずみ対策には、まずねずみの侵入口をふさいでしまいましょう。

多角的な視点からOKWaveについて知りたいならこちらです。

ねずみに侵入されている場合は、排水溝のすき間や壁の穴などに、ねずみが出入りした痕跡の足跡や黒ずみのラットサインが残されているので、金網を張りパテでふさいでしまいましょう。
狭いすき間は、金網を丸く巻いて差し込むとぴっちりふさぐことができます。



ねずみは天井裏や床下、押し入れなどに巣を作ってしまいます。

巣を作らさないためには、巣の材料になる布やビニールをねずみに盗まれないように、片付けておきましょう。

そして食品はフタ付き容器に収納して、生ゴミもフタ付きのゴミ箱に捨ててねずみのエサを断つのです。食べ物の管理はねずみ対策に重要で、エサがないとねずみはエサを求めて出ていってしまうこともあるのです。


ねずみ対策は、ねずみが侵入しにくい居心地が悪い環境にすることが重要です。侵入を防ぐための対策には、侵入口になりそうな穴の周囲に、ねすみが嫌いな臭いがする固形タイプの忌避剤を置いておきましょう。